「ホッととくするお寺」法徳寺

-供養と祈りのお寺-

病気の原因となる五段の邪気とは?|≪五段守り≫について

879 views
約6分

今回は、≪五段守り≫について解説していきます。
病気や障り、特に難病でお悩みの方はお読みください。

生老病死と、お釈迦さまも説かれているように「生きるとは苦しみの連続」です。

これは変えられない現実です。

今回は、「病気」について焦点をあてていきたいと思います。

五段の邪気とは?

線香で邪気を払うこともできます

まず病気は10種類に分けられているとあります。
あまり科学的ではないですが、日頃過ごしていると目には見えないけど、それらのものに動かされていると感じることはないでしょうか?

それを解説するために、五段の邪気についてお伝えさせていただきます。

五段の邪気5つの霊的な邪気のこと
  • 生霊(いきりょう)
  • 死霊(しりょう)
  • 野狐(やこ)
  • 疫神(やくじん)
  • 呪詛(じゅそ)

これらの霊的なものを、私たちは知らず知らずのうちに受けてしまい、病気に悩まされ、これら5つの霊的障りを「五段の邪気」といいます。日蓮宗の多くのお寺では、それらの邪気を成仏(得度)させ、霊気の障りにお悩みの方を救うご祈祷お守りがあります。

詳しくみていきましょう。

生霊(いきりょう)

生霊とは、生きている人の怨霊のこと

怨霊は、その人が生きていながら悪霊になって祟りをなすものです。
この悪霊は、(とん)(じん)(ち)の三毒の原因となり、うらみが増していき生霊となります。

死霊(しりょう)

死霊とは、死者の霊魂がひとに執着して害を与えてしまうもの

生前の怨念を残してしまった霊が、死後もその怨念を持ち続けた場合に生きているひとに障るもの。

具体例死霊の具体例
  • 交通事故で亡くなった方が、その苦痛から成仏できずに、生きているひとを頼る霊
  • 前世や今世の行いが悪かったため成仏できない霊
  • 供養乏しく冥界に迷ってしまった霊

 など

これらは霊障のなかでは、比較的に成仏させやすいといわれています。

野狐(やこ)

野狐とは、動物の霊のこと

狐だけではなく、

など

これらの霊がヒトを惑わし、悩ましたり苦しめたりしてしまいます。おうちで飼っている知恵のあるペットや鳥を殺めてしまった場合も、その怨念がヒトに祟りをなすもので、乱暴な態度が特徴的。

疫神(やくじん)

疫神には、の3種類ある

鬼はカラダを病気にして、餓鬼のようにヒトを苦しめます。

魔は鬼より悪質。よこしまな念を起こし、ヒトの功徳を奪ってしまいます。

神病は、仏教の天部に属している悪霊によるもの。精気をとられてしまいます。

呪詛(じゅそ)

秘密の法・経文などによって他の人をのろうこと

悪鬼・邪神を勧請してヒトを害しようとする霊。

日蓮宗のご祈祷や≪五段守り≫は、それらを成仏させるものです。お守りを肌身に持ち、心にお題目を保つことで、いつもあなたを守ってくれるでしょう。

五段の邪気からあなたを守ります《五段御守》

このお守りは、中に南無妙法蓮華経のお題目を中心に、仏さま・菩薩さま・諸天善神さまのお名前や、五段の邪気を祓いのけるお経文が書かれており、魔除けのご利益があります。

BASEにて、この「五段守り」を購入の方には、魂入れをして常に身を護ってくれるようにご祈願させていただきます。(購入された方で、当病平癒や障りから逃れたいなどのお願い事がある方は、メッセージを送ってください)
※包み紙をとられて、好みのお守り袋に入れることもできます。

[お守りのサイズ] よこ4.5cm × たて7.5cm

五段の邪気からあなたを守ります《五段御守》

次に、病気の種類をあげていきます。

10つの病気の種類

病気になりたくないと思ってもなってしまうものなのです

病気は、カラダを悪くする気

よく「病は気から」といいますが、この「気」とは自分の中の要因だけではなく、自分の外からの要因もあるのです。日本では、古来より病気は身体的原因心気霊気によるものに分けられました。

これらを詳しく分けると、10つあるというわけです。

POINT10種類の病気の種類
  • 肉病(カラダの病)
  • 心病(心の病)
  • 業病(行いによる病)
  • 試病
  • 慈病
  • 咒病(呪詛による病)
  • 鬼病(疫神による病)
  • 魔病(疫神による病)
  • 神病(疫神による病)
  • 霊病(生霊・死霊・野狐による病)

下の5つは、五段の邪気につながります。

病気から守る日蓮宗のご祈祷・五段のお守り

病気の原因となる五段の邪気
病気の原因となる五段の邪気から「五段守り」が守ってくれます

前にも書きましたが、日蓮宗のご祈祷お守りはそれらの障りから守ってくれるものです。気になった方は、1度、お近くの日蓮宗のお寺にお尋ねください。

しかし、守ってくれるそこには、「ただし」がつきます。

いつも仏さまが自分の心の中にいらっしゃるのだと信じることが大切です。これはただ、毎日お経を読めとか、お題目を唱えろとかそういうはありません。このことをお勧めし、病気でお悩みの方が少しでも、和らぐようお祈りしております。

はくしょう
はくしょう

以上、

病気の原因となる五段の邪気とは?|≪五段守り≫について

でした。

お読みいただき有難うございました。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

0898-48-2508