「ホッととくするお寺」法徳寺

-供養と祈りのお寺-

安産祈願の封筒の書き方について|神社とお寺では書き方が違います

54 views
約5分
安産祈願の封筒の書き方について|神社とお寺では書き方が違います

今回の記事の内容

■今回の記事はこんな人のために書いています

⇒安産祈願のお参りを考えているが、お礼のお金を渡す封筒にどのように書いたらよいか分からない方

■今回の記事を読むと分かること

⇒この記事を読むと、安産祈願のお礼にどのように書いたらよいかわかります。

男性

そろそろ妻が妊娠5ヶ月に近づいてきたので、そろそろお寺へ戌の日の安産祈願をしに行こうと思うのですが、お寺に渡すときの安産祈願の封筒の書き方がわかりません。

お金包む封筒の種類と表書きの書き方を教えてください。

はくしょう

この記事を読めば、安産祈願をお参りする際に安心してご祈祷やお祓いに行って、自信をもってお礼の封筒を渡すことができます。

[postlist catid="421" type="card"]

安産祈願の封筒の書き方について

安産祈願の封筒の書き方はお寺と神社でちがいます
安産祈願の封筒の書き方はお寺と神社でちがいます

安産祈願の封筒の書き方について、結構戸惑っていえる方が多くいらっしゃるように思います。

ふだん、しない事ってわからないですよね。
サクサクとお伝えしていきたいと思います。

お寺と神社によっても書き方が少し違ってきます。
渡し方については、後ほどお伝えさせていただきますね。

注意

お寺と神社によって書き方が違う

お寺の場合ー昔からの封筒の書き方

安産祈願をお寺に行く場合の書き方
安産祈願をお寺に行く場合の書き方

お寺に安産祈願をしてもらったときに封筒に書くものは、基本的に

お寺の場合
  • 御布施
  • (御)祈祷料
  • (御)祈願料

などと書き、下にご自身のお名前を記入します。

神社の場合ー昔からの封筒の書き方

安産祈願を神社に行く場合の書き方
安産祈願を神社に行く場合の書き方

神社に安産祈願をしてもらったときは、どうするかといいますと、

神社の場合
  • (御)初穂料
  • (御)玉串料

などと書き、お寺のときと同様に下にご自身のお名前を書きます。

お金を包む封筒(のし袋)の種類について

安産祈願のお金を包む封筒の水引について
安産祈願のお金を包む封筒の水引について

今まで、お金を包む封筒といっておりましたが、こちらは”のし袋”と一般的には呼びます。

のし袋・・・安産祈願のお金を包む封筒

安産祈願のお参りのときに持っていく”のし袋”の水引は、画像の右のように、紅白の蝶結び、もしくは花結びになっているものを使用します。

友人の結婚式のときなどのときのことを思い出して頂ければわかりやすいかと思いますが、お金を裸で渡す方はなかなかいらっしゃらないかと思います。

はくしょう

この”のし袋”は、本物の水引ではなくプリントされているようなカンタンなものでもよろしいかと思います。

今まで封筒に書き方とのし袋の種類のことをお伝えしましたが、次にその封筒に書くときに《何を使って書くか》についてお伝えさせていただきます。

封筒に書くときに《何を使って書くか》について

安産祈願の封筒の書くモノについて
安産祈願の封筒の書くモノについて

基本的に筆、もしくは筆ペンなどで書くのが望ましいですが、なかなか筆を持つ機会も多くないかと思います。

その場合は、サインペンやフェルトペンのようなものでも大丈夫です。
ただし、ボールペンのような細字のモノや薄墨のモノは避けよう。

注意

ボールペンのような細字のモノや薄墨のモノは避けよう

次に、のし袋には絶対入れないといけないのかということについて考えていきたいと思います。

無理に用意しなくても大丈夫な場合も・・

のし袋は無理に用意しなくても大丈夫な場合もあります
のし袋は無理に用意しなくても大丈夫な場合もあります

本来でしたら、封筒(のし袋)に入れるのが望ましいですが、なかなか準備するのも大変ですよね。

場所によっては、受付で裸のお金を渡されているところもあるようです。
事前に、お参りするお寺や神社に聞いておけば確実です。

[su_label type="info"]参考記事[/su_label]

お金をのし袋に入れる風習について書いている記事

はくしょう

お坊さんの立場からお話しすると、封筒(のし袋)を準備された方がよいですが、こればっかりは本人次第です。

安産祈願を安心して受けてください

安産祈願を安心して受けてください
安産祈願を安心して受けてください

封筒のことを気にされるのお気持ちも大切ですが、無事に安産に臨むことが大切です。

安産とは、妊婦さん本人の痛みがなるべく少なるように祈るだけではありません。
生まれてくる赤ちゃんのカラダが何事ものなく生まれてくるようにご祈願させていただいております。

どうぞ前向き、人生の一大事である出産に立ち向かい無事に赤ちゃんが生まれることをお祈りしております。

最後に今回の内容をまとめていきたいと思います。

まとめ

以上、まとめますと・・・

今回のまとめ
  • 安産祈願のお金を包む封筒は、お寺や神社によっても書き方が違う
  • のし袋はご用意されることが望ましいですが、絶対ではない
  • 事前に必要かどうか確認した方がよい
はくしょう

以上、
安産祈願の封筒の書き方について|神社とお寺では書き方が違います
でした。
お読みいただき有難うございました。

[icon class="fas fa-arrow-circle-right"]安産祈願のお申込みはこちら

安産祈願をお考えの方へ

安産祈願をお考えの方へ

子どもは、夫婦になられたママとパパ、おふたりの宝物です。法徳寺でも安産祈願のご祈祷を行っておりますので、気になられた方はお気軽にご相談ください。

[icon class="fas fa-arrow-circle-right"]安産祈願に関するおすすめの記事

[postlist catid="421" type="card"]

コメントはこちら

*

CAPTCHA


0898-48-2508