マダイの塩焼き焼いてみました|レシピと子どもと作るメリット

今回は、お寺の事とは全然関係ないのですが、この前、子どもが何かで「マダイの塩釜焼き」を見たようで・・・

むすこくん

タイの塩釜焼き作りたい・・・

ふだん、料理は全然していません。

かろうじて包丁を持ったことあるくらい・・・

心配はあるものの「まあやってみっか」

と軽い気持ちで始めました。

今回は、その「マタイの塩釜焼き」の簡単なレシピをまとめてみました。

マタイの塩焼きの材料

マダイと伯方の塩

材料

  • マタイ 1 尾
  • 伯方の塩(粗塩) 1 キログラム× 2 ケ
  • 卵(卵白のみ) 4 ケ

 ※本来ならば、その他もろもろいるそうなのですが、今回はこれで作ってみました

実際に作っていきます

思い付きで始めたことなので、そんなに期待されたら困りますが、実際に作っていきます。

まずは卵を割っていきます

卵を黄身と卵白を分けていきます

まずは卵を4つ分、卵を割って黄身と卵白を分けていきます。

今回使うのは卵白の方。

塩をボールに入れていきます

伯方の塩をボールに移します

塩をボールに入れていきます。

今回は2袋(2kg)使いました。

(結果的に少し多かったような気がします)

塩と卵の卵白を混ぜます

粘土のような固さになるまでひたすらコネコネします。

マダイの周りに塩をつめていきます

写真を撮っていませんでしたが、マダイの

  • ウロコ
  • 内臓

などを、取り除いておきます。

そしてマダイのお腹の中に塩を塗るようにしていきます。

マダイの周りに塩を塗りたくります

マダイの周りに、卵白と混ぜた伯方の塩を塗っていきます。

(今回は塩の量が多かったように感じました)

塩釜焼き焼けてます

オーブンにて、200℃の状態にして、40分間焼きます。

オーブンの設定温度

200℃40分間!!

塩釜を割っていきます(少し柔らかかったので、焼き直しました)

金づちで割っていきます。

気持ち柔らかかったので、もう10分ほど、焼き直しました。。

塩釜を割っていきます

細かいところは包丁で・・・

塩釜焼きのマダイ

まだ表面には塩がついていましたが、中はしっかり焼けていて塩加減もちょうどよかったですよ。

いつもは子どもと「ごはんを作る」ことが少ない私でしたが、作っていく中で、

  • 魚について
  • いつもはママ・ばあばが作ってくれている
  • いのちの大切さ

なんかを話しながら作りました。

半分、遊びのように作ってしまったけど、なんとかできて良かった。

  • 子どもがいる方で、普段は一緒にごはんを作らない
  • なかなかコミュニケーションをとる機会がなくて困っている

という人がいたら、たまには一緒に作られても良いかと思います。

以上、

「「マダイの塩釜焼き」焼けてます|レシピのカンタンな説明」

でした。

お読みいただき、有難うございました。


お問合せはこちらから

お問い合わせやご不明な点については、こちらからお気軽にお問い合わせください。回答は、お問い合わせいただいた順に必ず返答させていただきますが、お時間をいただくことがございます。
お急ぎの方は電話にてお問い合わせください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA