こぞうくん
今回は、子どもの「七五三参り」についてです。

3歳・5歳・7歳のときに、これまで無事に成長できたことを感謝し、これからも健やかな成長を楠谷鬼子母神堂にて、ご祈祷を致します。

 

今回は、特に今治で「七五三参り」のご祈祷をお考えの方に読んで頂ければと思います。

 

 

【七五三参りについて】お問合せはこちらから

都合により対応できない日もありますので、日時や内容など、お気軽にお問い合わせください。

回答は、お問い合わせいただいた順に必ず返答させていただきますが、お時間をいただくことがございます。
お急ぎの方は電話にてお問い合わせください。

 

 

そもそも七五三とは

現代のように医療が発展しなかったとき、生まれた子どもはなかなか大きく成長することができませんでした。

そのため、この3歳・5歳・7歳を迎えられたことは、親にとってみると大変有難いことだったようです。

 

 

七五三参りの時期について

基本的には、七五三参りは、10月~11月の時期にお参りし、ご祈祷をされることが多いです。

これは、江戸時代の将軍家の子どもの発育増進にあやかり、11月15日にするようになったといわれております。

※年中お申し込みできます。お気軽にお問い合わせください。

 

 

楠谷鬼子母神さんは子どもの神さま

楠谷鬼子母神さん

 

当山では、子どもの神さまである楠谷鬼子母神さんをおまつりしております。

七五三参り」にて、お参りされた子どもに木剣祈祷を勤修します。

今後の子どもの成長・発育増進・学業増進などの祈願し、加持祈祷を行います。

 

 

 

医療技術が発展した今だからこそ

子どもには絵馬も奉納していただきます

いま、医療の発展した今だからこそ、お祝いの機会をつくって、”イマがあることの幸せ”をかみしめ合ってはいかがでしょうか?

子どもが無事であるイマに感謝し、家族団らんのお時間をお過ごしください。

 

 

子育て祈願を行っております

当山では、

  • 子授かり
  • 安産成就
  • 初参り
  • 七五三参り
  • 節句祝い祈願

などの子育て祈願を行っております。

 

【七五三参りについて】お問合せはこちらから

都合により対応できない日もありますので、日時や内容など、お気軽にお問い合わせください。

回答は、お問い合わせいただいた順に必ず返答させていただきますが、お時間をいただくことがございます。
お急ぎの方は電話にてお問い合わせください。